オフライン活動

「再来デュロア」で主に東京・大阪の大き目のイベントに参加しています。
開催日 イベント名 スペース 新刊 備考
20160124 擬人化王国12 に30a 普独
20160504 SUPERCOMICCITY25 申込予定 普独
20160812 コミックマーケット90 当落待ち 普独
20161009 ヘタリアオンリー(仮) 申込予定 普独

◆新刊

【no.14】「satisfier」
2015年12月29日発行/B5/32p/オフ/500円R18

普独。
仕事からの帰り道、ルートヴィッヒは
兄が女性とキスしているのを見てしまう。
※ギルベルトと女性の軽度の絡みが含まれますので
苦手な方はご注意ください。

K-BOOKS

◆既刊

【no.12】「SPICE」
2015年5月3日発行/A5/12p/オフ/200円/

普子独+普独。
平和な毎日の中に刺激を一滴。
若干ですが兄が一般人モブに暴力をふるう描写が
あります。苦手な方はご注意ください。


K-BOOKS

【no.13】「あいの呼ぶほうへ2」
2015年8月15日発行/B5/40p/オフ/500円

普独。完結していません、続きます。
再統一後両片思い。
「あいの呼ぶほうへ」の続き。
普+仏+西と独+米+日のお話をそれぞれ。
「3」で完結予定です。冬コミ発行予定。

★話の中で出てくるエピソードとしてpixivに
upしているものを加筆修正してセット配布します。
この話

K-BOOKS

◆完売済

【no.01】「NACHTMAHR」
2012年12月29日発行/B5/40p/FCオフ/600円/R18

普独。WW2後〜分断期くらい。
【no.02】「23:59」
2013年1月6日発行/A5/16p/1Cオフ/200円/

普独。本家ヴァレンティーノ後ネタです。
兄さんがちょっと病ンデル系。
初版:2013.1.6_COPY/2版:2013.1.27_オフ1C
【no.03】「Puppenmacher」
2013年1月27日発行/B5/32p/FCオフ/500円/

普独。体温の低い兄と体温の高い弟。
※一部プロイセンの腕が切断されている描写があります。
苦手な方はご注意ください。
【no.04】「keim」
2013年5月3日発行/B5/36p/FCオフ/500円/R18

普独。再統一を経て生まれたもの。

【no.05】「KARNEVAL」
2013年5月3日発行/B5/16p/1cオフ/200円/

悪魔ギル×人狼子ルツ1P2Pというつめこみすぎたパロ。


【no.06】「革命前夜」
2013年8月18日発行/B5/48p/オフ/600円/

「兄は国としての葛藤なく弟にその身を明け渡したのか?」
という疑問からの妄想本。
※本文の一部にモノローグ抜けがあります。
【こちら】でご確認ください※

【no.07】「傷跡」
2014年1月12日発行/A5/84p/オフ/900円/R18

「プロイセンの欠損」がテーマ。
【くちなし】のナツメ様との合同誌です。
※プロイセンの身体欠損描写有。閲覧は自己責任でお願いします。

【no.08】「秘密」
2014年2月23日発行/B5/28p/オフ/400円/

学ヘタパロ、人名記述です。
両片思いで、ジタバタしている兄弟。
直接描写はありませんが英米英表現アリ。
ご注意ください。

【no.09】「兄と兄と弟の話」
2014年5月4日発行/A5/16p/オフ/200円/

ギルッツ+バイ.エル.ン。
バイ.エル.ンの性格が完全ねつ造なのでお気を付けください。
バ.イエ.ルン州に関するアレソレもフワッとお読みください。


【no.10】「ワンセンテンスの回想録」
2014年6月22日発行/B5/32p/オフ/500円/R18

普独。再統一後まもない兄弟の話。
ボンでの生活中ルートヴィッヒが「プロイセン史」にまつわる本を
読んでいた理由。


【no.11】「あいの呼ぶほうへ」
2014年12月29日発行/B5/46p/オフ/600円/

普独。完結していません、続きます。
再統一後両片思い。
以前出した「keim」の設定を引き継いでいますが、
これのみでも大丈夫だと思います。
続きは春コミ予定。